5年生が、丹原小学校のお友達と社会科で遠隔合同授業を行っていました。  授業の内容は、「情報産業とわたしたちのくらし」で、テレビ番組がどのようにつくられているのかという学習です。今日は、新聞の番組表を見て、番組の種類分けをしていました。ニュース番組は赤マーク、バラエティー番組は青マーク・・・というふうにして色分けしていきます。両校とも隣の人と相談しながら真剣に分類しています。いたずらな質問、「『世界仰天ニュース』はニュースですか?それともバラエティーですか?」と聞いたら、すぐに「バラエティーです。」と返ってきました。さすがですね。  
 クリスマスにはまだ少し早いのですが、4年生からクリスマス会に招待されました。  教室に向かうと、係の子がお出迎えしてくれました。教室に入ると「鈴(りん)を鳴らしてください。」と言われたので鳴らしました。教室にいたみんなが一斉に、「いらっしゃいませ!ようこそ!」と歓迎の言葉を言ってくれました。  進行担当の4人が前に出て、会の始まりです。中の一人が、始めの言葉を言ってくれます。  みんなにこにこです。  催し物が始まりました。全国県名クイズ、慣用句ビンゴなど、二学期に学習したことを題材にしているところが素晴らしいです。  
 シェイクアウト訓練は、大きな地震が起こった時に、その場で命を守るためにどのような行動を取るかについての行動訓練です。  「訓練!訓練!大きな地震がやってきます。ただちに身の安全を守る行動を取ってください。」のアナウンスの後に緊急音が鳴ります。1年生の教室では、先生の合図で、子どもたちが一斉に机の下に潜り込みました。「揺れても大丈夫なように机の脚をしっかり持つのです!」と言われて、しっかりと握っています。  
ブログ
12/17
田野小パブリック
 前回、学年ごとの長縄(8の字跳び)練習を紹介してちょうど1週間になります。今日は、外で雨が降っているので、2時間目の後の休み時間は、全校一斉に体育館での長縄練習でした。1週間の成長を見てみたいと思います。  1年生は、前回、縄を使わず、先生の掛け声に従って標しを付けた箱の上を飛び越すというものでしたが、いよいよ縄が出てきました。よいタイミングで跳べる子はまだまだ少ないのですが、一歩前進です。  2年生は、ほとんどの子が跳べるようになってきました。できる子は失敗を少なくすること、まだ跳ぶタイミングがつかめていない子は上手な子を見てまねをします。  3年生はほぼ全員が、前の子と間を置かずに跳ぶことができます。これからが楽しみです。   4年生は跳ぶ姿勢に工夫があります。両手を胸の前に組んで引っかかりにくくしています。また、みんなで声を掛けてタイミングをそろえているのが素晴らしいところです。  5年生・6年生は、記録を狙って下の学年とは全然違うスピードで流れるように跳んでいきます。カメラで撮っても、みんなの姿がぶれてしまします。 (5年生) (6年生)    
 12月16日(日)、丹原公民館で国際交流スピーチコンテストが開催されました。このコンテストは、 ①外国からの留学生や技能実習生が、身に付けた日本語を使って行うスピーチ ②丹原地区の小中学生が、国際交流について自分の考えや思いを伝えるスピーチ ③中国語講座や韓国語講座など、外国語を学んでいる人が、学習した外国語を使って行うスピーチ の、3部門の発表があります。本校からも、代表児童が参加してくれました。その様子を紹介します。  開会式で、丹原町の国際交流協会会長あいさつに続き、教育長さんから来賓祝辞をいただきました。    第1部、外国から技能実習や日本語学習のために来日している方からのスピーチがありました。日本にきて思うことや、故郷の自然や風物の紹介などを日本語で発表してくれました。   田野小学校の代表児童は、趣味の釣りについて、そして、釣りをしていて気づいた海洋汚染のことについての意見を、堂々と発表しました。  他の学校のお友達も、郷土芸能の実演を入れるなど、工夫した発表が見られました。  丹原町国際交流協会の会長さんから賞状と賞品をいただき、記念撮影を行いました。外国の方とふれあうこと、そ...
 12月15日(土)、田野保育所の生活発表会が、丹原文化会館で行われました。来年度、田野小学校に入学する子どもたちも出演していました。かわいい様子を紹介します。  
ブログ
12/15
田野小パブリック
 6年生が調理実習を行いました。養護教諭の先生が写真を撮ってくださったので、写真を見ながら、どんな料理ができるのか確かめてみましょう。  最初の作業は、みんなでイリコをむしり始めました。ということは、出汁を取って味噌汁でしょうか? きれいにむしりました。やはりだしを取るようです。  別のグループでは、ピーラーでジャガイモをむいて・・・切っています。ニンジンも、薄くスライスしています。何ができるのでしょう。ピースサインの二人は、とてもうれしそうです。  タマネギも切り始めました。ジャガイモはゆでるようです。ブロッコリーも切り分けました。ゆでるのでしょうねえ~。ニンジンはゆで上がったようです。    ジャガイモはゆで上がったようです。つぶしてツナ缶を入れています。ポテトサラダかな?いえいえ、今度はつぶしてツナ缶を加えたジャガイモを丸め始めました。出来上がったのを見ると、コロッケにするのでしょうか?  いえいえ、今度は表面に小麦粉を着けてフライパンで焼き始めました。何という料理なのでしょう。  こちらでは、豆腐を切って、味噌汁の具を作っているのでしょうか?どうやら、タマネギと豆腐入りの味噌汁...
 午前中、1・2年生が体育で持久走大会の練習をしていました。  後半のラストスパートです。「がんばれ!」と声を掛けると、一生懸命スピードを上げて走ります。  とてもよい天気の中での練習でした。運動場に走って帰った子どもたちの表情は、頑張って走った満足感でいっぱいでした。  
ブログ
12/14
田野小パブリック
 昨日よりは穏やかですが、12月らしく寒い朝です。  1年生の児童が、チューリップの観察に出て、植木鉢の中とすぐそばの地面の雑草を引いていました。微笑ましい光景です。  環境委員会の5・6年生が、朝の自主清掃をしてくれています。寒い中、ご苦労さまです。  4年生は、一斉にセンダンの木の下に集まって、落ちている葉っぱと茎を集めてくれました。みんなですると瞬く間にきれいになりますね。とてもありがたいです。    
 今年も、丹原もぎたてクラブの方々が、「干し柿づくり」の体験教室を催してくださいました。例年、この時期に5・6年生が体験させていただいています。その様子を紹介します。  始めに、干し柿づくりについての知識やむき方の指導を受けました。みんな真剣に聞いています。  説明を聞いて、早速作業に取り掛かります。ピーラーではなくて、包丁でむきます。6年生は昨年に引き続いて2回目ですが、5年生は初めてです。見ていると手を切りそうで危なっかしい子もちらほら・・・。  みんなでむくと早いこと、瞬く間に大量のむき柿ができました。できたら、2個ずつ麻ひもの両端に結んで竿にかけて干します。  これだけあると壮観です。柿色が鮮やかですね。    
ブログ
12/13
田野小パブリック
 全校朝会で掃除についてのお話をしました。  始めに、落ち葉がいっぱい落ちている校庭を、自主的に掃除してくれている環境委員会の5・6年生と、4年生のみなさんの素晴らしい行動について紹介しました。  次に、タニサケという会社の社長さんである松岡浩(まつおかひろし)氏の講演記録『時を守り 場を清め 礼を正す』の中から、次のようなエピソードを紹介しました。  この社長さんは、朝6時半に出社して会社のトイレを掃除するということをずっと続けてきたそうです。今はやっていないそうです。「なあ~んだ、やめちゃったのか。」と思うかもしれませんが、そうではありません。長年トイレ掃除を続けているうちに、社員の方が「私たちにもやらせてください。」と言って、させてもらえなくなったので、今は会社周辺のごみ拾いを続けているそうです。そして、社長さんにならって社員さんが早く来てトイレ以外も朝掃除をするので、会社や工場がいつもきれいなんだそうです。それだけでなく、社員のみなさんがとても気の付く優しい人になるそうです。だから、その会社は、みんなが協力してアイデアを出し合い、一生懸命働いて業績を上げる、つまり儲かってい...
 東予郷土館で、「夢の続き」展が開催されています。これは、東予周桑地域の小学生が、東予郷土館の方に教えていただいて制作した作品を展示したものです。田野小学校の4年生が作った「風船花」も展示されています。  まずは、田野小学校の作品です。「風船花」の作り方を紹介します。ふくらませた風船の周りに和紙(東予郷土館近くの国安地区では、昔から「国安和紙」が特産品として作られてきました。)を貼って乾かします。乾いた後、中の風船を割ると丸い和紙のボールができます。この丸い和紙のボールに、色のついた紙を貼りつけて装飾したら完成です。  こうやって展示すると、とても雰囲気があっていいですね。  他校のお友達の作品も少しお見せします。これらも、とてもいい雰囲気で展示されています。  もう一度、本校児童の作品を見てみましょう。よく見ると、それぞれ個性がありますね。  
 5年生の家庭科調理実習の様子を紹介します。今日の実習内容は、ご飯と味噌汁です。味噌汁は、化学調味料でなく、煮干しイリコで出汁を取る本格的な方法で行います。  始めにお米を量ります。各自持ち寄ったお米をブレンドして桝で量っていきます。  次にお米を研ぎます。水は冷たいですが、がんばります。  研ぎ終えたら、ご飯を炊くガラス製のお鍋に入れて水を量って炊飯準備完了です。  次は味噌汁です。イリコの頭とはらわたを取って身だけにします。これだけ丁寧にすれば、きっと上品で美味しい出汁が取れるでしょう。  ネギを切って、豆腐を切って、これで下ごしらえはばっちりです。  お鍋に水を量って入れ、先程のイリコを入れて煮出します。ご飯も同時に火を点けます。あとは出来上がりを待つばかり…  そろそろ出汁が取れたようです。中のイリコを取り出します。ご飯の方は目を離さず見張りをする係がいます。  ご飯が吹き上がってきました。しっかりと腕組みをして見張っています。  ご飯が炊きあがりました。みそ汁も具が煮えたようです。味噌を加えます。  完成です。熱々のご飯と味噌汁をよそいます。  手を合わせて、「いただきます...
 12月11日(火)・12日(水)の2日間にわたって、5年生は「愛媛県学力診断調査」に挑戦します。「今日はテストばっかりだ~。」と嘆きながらも、真剣に問題に取り組んでいました。  
 今日は、各学年で8の字縄跳びの練習をしていましたが、大変面白い光景が見られましたので紹介します。  1年生の練習です。1年生は、まだまだ回している長縄に、「入って・跳んで・抜ける」ということができません。ですから、跳ぶ時のラインとそのタイミングをつかむために、掛け声をかけながら、真ん中にある箱を飛び越していくのです。先生の掛け声に合わせて次々と跳んでいきます。  6年生になると、すごい速さでみんなが引っかかることなく連続で跳んでいきます。6年間の成長がよく分かるなと感動しました。  
 PTA活動「楽しい土曜日」の活動として、公民館や地域の皆様のご支援により、餅つきとしめ縄作りを行いました。その様子を紹介します。  開会の9時が近づくと、子どもたちが集まってきました。開会式をして、いよいよ活動の始まりです。  「餅つき」と言っても、最初から子どもたちにつかせたのでは、餅にならないうちに冷めてしまいます。男性の方が捏ねて、ついて、ほぼ餅になってから子どもたちにつかせるので大変です。  2グループに分かれて、同時進行で、しめ縄作り、縄ないコンテストです。参加した児童が全員、縄をなって、学年ごとに縄ないチャンピオンを決めます。そして、高学年は、自分の家で飾るしめ飾りを作って帰ります。   閉会式では、老人会の会長さんから、各学年の「縄ないチャンピオン」に賞品が授与されました。作ったお餅としめ飾りをお土産に、子どもたちは帰っていきました。お世話をしてくださった公民館・老人会・婦人会の皆様、各自治会長の皆様、そして田野小学校PTAの皆様、ありがとうございました。おかげで子どもたちが楽しく貴重な体験活動をすることができました。  
ブログ
12/07
田野小パブリック
 校庭のイチョウの落葉が最盛期を迎え、毎朝、黄色いイチョウの葉が地面を覆い尽くしています。環境委員会のみなさんが朝清掃をしてくれていましたが、落ち葉が多くなってから4年生がお応援してくれています。朝のひととき、とてもありがたく思っています。  12月5日の様子です。これでも大分落ち葉が減ってきました。  12月7日、今朝の様子です。5日よりさらに落ち葉が減ってきました。  今朝のイチョウの木の様子です。イチョウの葉が落ち切ったら本格的な冬の到来です。  
ブログ
12/06
田野小パブリック
 西条市では、児童の学習達成状況を把握し、児童の充実を図ることを目的に、市独自での学力診断調査を行っています。  1年生の教室です。1年生はこのような調査が初めてなので、担任が、名前の書き方や祈祷の仕方などやり方を丁寧に説明していました。  6年生の教室です。こちらは手慣れたもので、担任の「はじめてください。」の合図で一斉に問題に取り組んでいました。  
ブログ
12/04
田野小パブリック
 火曜日の体力づくりは「持久走」です。5分間の間に運動場のトラックを何周できたかを記録していきます。素晴らしいのは、みんな一生懸命走っていることです。  
ブログ
12/03
田野小パブリック
 今週から、2時間目と3時間目の間の休み時間を使っての「冬の体力づくり」が始まります。初日の月曜日は体育館で縄跳びを行いました。それぞれ学年ごとに長縄で8の字跳びの練習をします。撮影してまわってのファインショットを紹介します。  
 学年ごとに行うPTAの親子ふれあい活動の一環として、6年生がとべ動物園と松山市防災センターの見学に出かけました。  午前中はとべ動物園を散策しました。  昼食後、松山市防災センターに移動し、消火体験、地震体験等を行いました。貴重な体験を、総合的な学習の時間の防災学習に生かしてもらえるとありがたいです。  
ブログ
11/30
田野小パブリック
 田滝小学校のお友達との合同学習2日目です。給食の様子を取材しました。今日のメニューは、パン、サンラータン(酸味のある中華スープ)、鳥肉のオレンジ煮、チリメンキャベツ、楽しくお話しながら給食を楽しんでいました。 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生    
 田滝小学校の7名のお友達をお迎えしての交流学習2日目です。1年生から4年生までが一緒に合同学習をするとのことで、取材に行きました。体育館を使って行う体育ですが果たしてどうなるのやら…。  指導のS先生が活動の説明をします。「ゲームを3つやります。」、「やったー!」。まず始めは「もうじゅうがりゲーム」。巧みな指導に、だんだん子どもたちも乗ってきます。 「もうじゅうがりに行こうよー」、先生が手を振り上げると子どもたちも続きます。  「槍だって持ってるもん」  「鉄砲だって持ってるもん」だんだん乗ってきました。  「アライグマ」、子どもたちが指折り時数を数えます。「5つ!」5人のグループを作ります。  次のゲームは「シンクロ率100パーセント」リレー」と「シンクロ率100パーセントバランス」。2人でボールを両側からおさえて動きます。2人の息が合わないとボールが落ちてしまいます。にこにこしながらも苦労して歩いています。そこそこできるようになったら、「これでリレーをします。」「えー!そんなー」と言いながらリレーの準備が始まりました。田滝小学校のお友達も本校の児童と一緒にゲームを楽しんでいます。...
 愛媛県介護福祉士会から講師の先生をお招きして、お年寄りや体の不自由な方の手助けをする”介護福祉体験”に挑戦しました。その様子を紹介します。  始めに、講師の先生方とのごあいさつです。元気な声で「おはようございます」が言えました。  体の不自由なお年寄りの不自由さを体験することと、その介護・手助けの仕方を教えていただきました。ジャケットには鉛のおもりkが入っていて、体を動かしにくくなります。足にもおもりの付いたサポーターをして足を動かしにくくします。    高齢になると”白内障”にかかり、視野が狭くなったり、物がぼやけて見えるようになってくる人が多くいます。おもりを付けて、杖をついて、白内障のように見えにくくなる眼鏡をかけて、校内を移動して回ります。高齢者の役をする人と、それを介護する人がペアになって、安全に移動できるように気を付けて歩きます。  見えにくくなる眼鏡をかけて、手におもりを付けて、財布を開けて小銭を取り出す体験を行います。「見えにくいねえ~やりにくいね~」と言いながら、一生懸命取り組んでいます。  こちらは、車いす体験です乗る時の順序、してはいけないことなど、そのわけをきちん...
 11月28日(木)・29日(金)の2日間、田滝小学校のみなさんが来校して、一緒に学習をします。遠隔合同授業では合っていますが、直接会って一緒に1日を過ごすのは初めてです。朝一番に対面式を行いました。  校長挨拶の後、田野小学校児童の代表が歓迎の言葉を述べました。それに続いて、田滝小学校のお友達が一人一人自己紹介をしてくれました。両校の児童とも、元気のよい声で堂々と発表することができました。  最後に両校の児童と先生が一緒になって記念撮影をしました。2日間、仲よく協力して学習し、有意義な交流にしてほしいです。  
ブログ
11/26
田野小パブリック
 11月26日、人権集会を行いました。その様子を紹介します。  始めに、人権委員会のメンバーがこの会のめあてを発表しました。 「今日は、自分や友達のいいところを考えて、田野小学校のみなさんが、自信をもって明るく楽しい学校生活を送れるようにする時間にしたいと思います。」  次に、めあてについて考える劇を披露してくれました。友達のよいところって、どんなところがあるのか、運動、学習、優しさ、行動力、・・・。いろいろな面から考えることができることを教えてくれました。  次に、学年をそれぞれ6~8人のグループに分けて、友達のよいところを見つける話合いをしました。みんな、真剣に友達のよさを考えて話していました。  話合いで出てきたことや気づいたこと、感想などを発表してもらいました。よいところを言ってもらえるとうれしいし、それを喜んでもらえると、考えた自分もうれしくなります。  そして、田野小学校「いじめストップ」笑顔の子ども会議スローガンを全員で唱え、最後に「ビリーブ」を合唱しました。この会が、みんなが仲よく楽しい学校生活を送ることに役立ってほしいと思います。  
 11月23日(土)、丹原文化会館を会場に、℮スクールステップアップ・キャンプ2018西日本大会が開催されました。この会は、インターネット回線やICT機器を活用して行う教育活動の研究発表会で、西条市が取り組んでいる遠隔合同授業(Web会議システムを利用して2つの学校が合同で行う授業)や、ICT機器活用による学びあい学習などの発表が組み込まれています。本校からも、田野小・田滝小・徳田小・丹原小の4校による遠隔合同授業の研究について発表を行いました。その様子を紹介します。  開会行事の後、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と会場をWebで繋いでの出前授業を行いました。宇宙空間での連絡や地上と宇宙での連絡では、正確で手際よく情報を伝えなければなりません。その、コミュニケーションをトレーニングする活動を、会場の参加者と一緒に行いました。  JAXAの出前授業の後、研究発表のトップバッターとして、田野小学校の二人の先生が、西条市で行っている遠隔合同授業の活動の様子やその成果・課題について発表しました。会場には県外からも大勢の方が来られて、興味深く発表を聴いていました。  各ブースでの発表の後、全体会のパネルディスカッ...
 今日の昼休み、元気アップタイムを行いました。「元気アップタイム」とは、全校を8グループに分けての縦割り班(1年から6年までを含む異年齢班)を作って、昼休みに集団遊びをする活動です。4つの遊びを紹介します。 ① ドッジボール ② ぐるぐるジャンケン ③ コトロコトロ(縦列を作って、先頭の子が相手グループの最後尾の子の背中をタッチすることを競うゲーム) ④ 全員リレー  
ブログ
11/19
田野小パブリック
   1年生の国語です。自動車にはどんな種類があるのかを話し合っていました。そして、学級文庫の本棚からさっと見つけ出してくれました。  先生が、「よく知っているね。なぜそんなにくわしいの?」と尋ねると、「本だなにじどうしゃずかんがあったよ。」と教えてくれました。     「すばらしい、よく見つけてくれたね。実は、あなたたちも、これから、じどうしゃ図鑑を作ります。」、子どもたちから「やったあー!」と、声が上がりました。    2年生は算数の九九です。かけ算の式とその意味を唱えながら定着させていきます。一斉に唱えたらプリントに書き込んでいきます。目と、口と、耳と、手と、多くの感覚器官で学ぶほど記憶にしっかりと定着します。  
 今日は、田野公民館にご協力いただいているPTA活動「第3回楽しい土曜日」として、高松集会所でバスケタリー(篭づくり)教室を行いました。その様子を紹介します。  ツル性植物を使って篭やざるなどの生活用具を作り利用することは古くから行われてきました。ツルを編んで作った道具はプラスティックと違って環境を汚さずやがて土に戻ります。また、気に巻き付いたツル植物を間引くことは、巻き付かれた樹木を守ることにつながります。とても環境に優しい活動なのです。こんなことを説明し、今日は、篭と、クリスマスリースを作ることにしました。  開会の後、近くの神社の森に、材料とするツル植物を採集に出かけました。  採集した材料を手に記念撮影です。  集会所に帰って篭づくりの実習です。低学年やものづくりが苦手な子は、手伝ってもらいながらもなんとか篭の形になってきました。  だいたい出来上がったら、次はリース作りです。ドングリに目や口を描いてドングリトトロを作ります。ドングリの種類によって背高のっぽのトトロやでぶっちょのトトロができます。子どもたちは篭づくりよりもこちらの方が楽しそうです。  最後に、出来上がった作品を手...